Column お役立ちコラム

あおり運転を誘発するような
ドライバーにも責任はある?

東名高速道路での悲惨な追突事故以来、あおり運転が社会問題化し、今年6月には「妨害運転罪」が新設されたものの、相手のちょっとした行動にカッとなってあおり運転をしてしまい、検挙されるケースが続出しています。 こうしたあおり運……

緊急ブレーキは右でなく左足
でもなく両足で踏むべき理由

ペダル踏み間違い事故は連日、日本中で起こっていることが報道されています。実は、ペダル踏み間違い事故は高齢ドライバーだけが起こしている訳ではありません。しかし、高齢ドライバーの方が事故の被害が大きい傾向にあること、それと高……

喧嘩両成敗? あおり運転は
やり返してはいけない訳

今年6月末に道路交通法が改正され、あおり運転は妨害運転罪として厳罰化されたにも関わらず、全国各地であおり運転により検挙されるケースが相次いでいます。注目を集める話題性の高い事件であることから、ニュースとして取り上げられて……

暴走事故の被告の虚言
クルマは嘘をつきません!

あの悲惨な交通事故から2年、ようやく裁判が始まった池袋の自動車暴走事故ですが、初公判で被告人は「クルマに異常があった」と自らの運転に過失がないとして無罪を主張しています。 裁判は話術も含めて印象を操作して、自分に有利なも……

普通のドライバーでも運転が評価される時代になりました、が…

自動車保険、たくさんある損害保険会社の中からどの保険商品を選んでいますか? 通販型自動車保険、リスク細分型自動車保険など、色々な分け方があり、保険料の算定も非常に複雑化して、分かりにくくなっていますが、惰性で保険契約を継……

完全自動運転の実現は、まだまだ遠い未来?

自動運転の開発も随分進み、実証実験が公道で行なわれる段階になりましたが、その結果各地で様々な事故が起こっています。 8月20日には滋賀県で実証実験中の自動運転バスがUターン地点で曲がり切れずに、歩道上の柵に接触する事故を……

あおり運転は厳罰に、 高齢者の免許更新も厳格化へ

例えば運転中にスマホ画面を注視してしまう、「ながら運転」の危険性については、今さらここで説明するまでもないでしょうが昨年、道路交通法が改正されて罰則が厳しくなってからというもの、シートベルトの非着用と合わせて路上で取り締……

運転中の大敵、それは集中力の低下です

●運転中の大敵、それは集中力の低下です 運転を快適で安全に行なうために、気を付けなくてはいけないことは意外とたくさんあります。 大前提として運転中は運転に集中することが大事ですが、運転中の集中力を低下させる要因は色々あり……

ヘッドライトはハイビームが基本、という誤解

どうも日本では新しい法律の周知が上手くいかないことが多いようです。 2017年3月の改正道路交通法施行により、クルマの走行中のヘッドライトは原則ハイビームが基本となり、前方にクルマがいる場合はすれ違い灯(ロービーム)に切……

あおり運転が急増している? その原因と対策は

最近、報道などで目にする機会が増えたと感じているのが、「あおり運転」などの危険運転による交通トラブルではないでしょうか。 あおり運転は、前方のクルマに接近してクルマを左右に揺らして、車速を上げたり進路を譲ることを迫るもの……